UA-16058037-2

2015年08月18日

250TR バルブクリアランスを調整してみた

「バルブクリアランスの調整」って

昔は「タペット調整」って言っていたような記憶が・・・・

同じ意味なのかな?


まあ、そんなことは置いといて、

今回のメンテナンスはちょっとハードル高そうです。

で、事前にいろんな方々のブログを拝見し、

バルブクリアランスの調整の仕方を調べておきました。

実際にやってみると、意外に簡単な作業です。

わたし的にはガソリンタンクを外す方が厄介でした。

以下、動画



調整後の変化ですが、

エンジンコールドの状態からチョークオフでも簡単にエンジン始動するようになりました。

以前は絶対無理でした。

寒い季節でも同じようにエンジン始動するかは疑問ですね。

冬まで待ってください。



250TRでよく耳にする「エンスト癖」

わたしの250TRも噂にもれず、「エンスト癖」がありました。

走行中、シフトダウンでエンジンを軽く煽ってみると、

プスッと「発火抜け」みたいな現象は頻発しておりましたが

バルブクリアランス調整後は明らかに改善されました。

全く「エンスト癖」がなくなったと言ってもいいくらいです。


わたしのバイクの場合は非常に効果的なメンテナンスでした。


必要な道具などは動画を御覧ください。

あなたのバイクもやってみませんか?


posted by ライムグリーン at 00:00| Comment(0) | メンテナンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。